健康運動指導士/フィットネスインストラクター

甲状腺アブレーション治療について10個のQ&A 4個目

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

さとりえです。

 

本日も、走りました!

歩いていて、

(あー走れるなー)と思ったので

30mくらい。

 

 

 

え?

 

 

30m??

 

 

 

はい。30mです。

電信柱の間隔ですね!!!

 

 

そのくらいから

毎日コツコツ

走ろうと思います。

 

 

走ることに興味がある方がいらっしゃったら

電信柱の間隔は、とてもオススメです♪

 

 

以前、走っていた頃

電信柱を利用していました。

 

 

歩いたり、走ったり、ダッシュしたり、止まったり

 

電信柱はインターバルトレーニングに最適でした。

 

 

体が慣れてくると

長く走れるようになってきて

どんどん楽しくなってくるんですよね。

 

 

来年、どの大会に参加しようかな。

 

最近マラソン大会は

早くエントリーしないと

すぐ定員になると聞くので

今から予定を立てようと思います。

 

 

さて!甲状腺アブレーション治療について、

病院の冊子を参考に、ブログを書いていきます。

 

今回は10個あるQ&Aのうち、4個目についてです。

 

 

 

 

Q4:カプセルを飲む前に準備することはありますか?

A:方法は二つ。

より高い治療効果を得るためには、

放射線ヨウ素を残存甲状腺に

充分に集めることが必要です。

 

ホルモン剤を止める方法・止めなくても良い方法

ひとつは、あなたが今飲んでいる

甲状腺ホルモン剤

(甲状腺末やレボチロキシンナトリウム錠など)の

内服を止める必要があります(ホルモン休薬法)。

 

 

これはカプセル内服の4週間前から開始します。

そうすると、脳にある下垂体というところから

甲状腺刺激ホルモン(THS)が多く分泌されます。

 

このホルモンが、体の中で働いて

より多くの放射性ヨウ素を

甲状腺細胞に取り込ませるようになるのです。

 

ただし、

タイロゲンというお薬を注射した場合

(タイロゲン法)は、甲状腺ホルモン剤を止めなくても良いので

先生と相談してみて下さい。

 

私は手術後すぐにアブレーション治療について話されたので

薬を止めなければならない怖さを理解していませんでした。

 

ホルモン剤を4週間も止めなければならないことは

とても怖いことですね。

 

甲状腺ホルモン剤を中止することによって

生じる可能性がある甲状腺機能低下症については

主治医の先生に確認してみて下さい。

 

内服を止めなくても良い

アブレーション治療はとてもありがたい治療法です。

 

私が現在飲んでいる薬の写真を貼っておきます。

私は普通の方よりも、日常活動量が多いため

チラーヂンの量を多く処方されています。

 

内服

内服内容

 

朝起きる時間がバラバラなので

朝食後に飲むこの薬、忘れることが多いです。

 

堂々とブログに書くことではありませんが・・・。

 

飲み忘れ防止!!自分への戒めのために!!書きます!!

 

 

チラーヂン仲間の皆さん

 

忘れず毎日

 

必ず飲みましょう!!

 

言えた!!

※自分を棚に上げまくり、呼びかけてみる。

 

食事制限

もうひとつは

ヨウ素を多く含む食事を控えて頂く事です。

 

これにより体の外から入ってくるヨウ素を減らし

甲状腺に取り込まれる放射性ヨウ素の割合を

高くすることが出来ます。

 

取り込まれる放射性ヨウ素が多くなるほど

高い効果を得ることが出来ます。

(ヨウ素制限食については、次の記事に書きます。)

 

まとめ

今回は、アブレーション治療でカプセルを飲む前に

準備することについて書いていきました。

 

内服を続けながら行うことが出来る治療は

本当にありがたいです。

 

甲状腺アブレーション治療の認知が広がりますように。

 

アブレーションについてご興味のある方へ

こちらの記事もお読み下さい。

》》》甲状腺がん手術後、半年以降に行うアブレーション治療とは

》》》甲状腺アブレーション治療について10個のQ&A 5個目

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.