健康運動指導士/フィットネスインストラクター

2017年7月24日(月)甲状腺乳頭がんと、言われた日

アバター
WRITER
 
がんと言われた日
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

2017月13日(木)に健康診断の結果がよくなくて

検査で病院にかかったのですが、

検査の結果は、10日後と言われました。

 

がんを告知された瞬間は、今でもよく覚えています。

予約は午後の時間でした。

 

検査結果を聞きに行った日 がんを告知されました

2017年24日(月)15:00

診察室に入ると、先生はパソコンから目を離し

真っ直ぐにこちらを向いて、話し始めました。

 

せんせい
さとうさん、こんにちは。

今日は一人でいらっしゃいましたか?

 

さとりえ
こんにちは。お願いします。

はい。一人です。

 

せんせい
そうなんですね。

 

前回の検査結果なのですが、

甲状腺乳頭(こうじょうせんにゅうとう)がんの可能性が高いです。

まだこれから詳しい検査もしますが、

手術をした方がよい、という結果です。

 

 

さとりえ
え。

 

 

 

 

 

サラッと言われたけど、

 

今、せんせいは、「がん」と言ったのかな。

 

 

その瞬間、「今日は一人でいらっしゃいましたか?」の意味がわかりました。

 

 

大切な検査結果を聞きに行くときには、家族と一緒の人が多いのかなと、感じたからです。

 

 

私は、検査を受けたことも、検査結果を受けに行くことも、

家族には、話していませんでした。

 

 

せんせい
手術は半年後くらいで

よろしいでしょうか。

 

さとりえ
・・・。

えっと。

 

手術?

その前に、「がん」って言ってた。

 

半年後に手術??

 

よろしくない!!!

 

全然、よろしくない!!!

 

 

その後も、いろいろ、色々、いろいろ、説明してくださっていたと思うのですが

 

あまり、覚えていません。

 

 

受け止めるまでに、少し時間がかかりました。

 

 

しばらくして、から

 

 

さとりえ
せんせい。

私は、手術、受けられません。

 

せんせい

!?

 

 

さとりえ
9月末に仕事を辞めることが決まっています。

私の仕事は、からだを動かす仕事です。

手術を受けたら、リハビリ期間がありますよね?

 

仕事、出来なくなってしまいます。

手術は、受けられません。

 

 

せんせい
さとうさん、

会社の人に相談してみることは、出来ないですか?

 

退職は、決定しているのですか?

手術を受けられない・・・。

それは、困ります。

 

 

さとりえ
からだを、動かす仕事なんです。

プログラムを続けるために、仕事を辞めると決めました。

 

手術を受けて、からだを動かせなくなることは、

困ります。

 

せんせい
手術を受けない方が

もっと、困ることになります。。

 

さとりえ
わかっています・・・。

治療は、したいと思います。

ちょっと、予定が大きく変わるので、ビックリしていて。

・・・。

 

 

がん。

 

そうか。

 

手術が必要なのか。。。

 

手術。。。か。

 

 

父・母の顔が浮かびました。

 

会社を辞める話のつぎは、「がん」か。。

 

 

おどろくだろうな。

 

悲しむだろうな。

 

言いたくないな。

 

 

せんせい
さとうさんの職業は・・・。

フィットネスインストラクターなんですね。。

普段は、どんな動きをするんですか?

 

この質問をしてくださったせんせいに、

いまだに感謝が止まりません。

 

 

あの瞬間、

泣き出しそうだった私は、

せんせいの質問のおかげで、救われました。

 

担当するプログラムで、普段動く動きを、

実際にせんせいに説明をしながら、軽く動いて見せたりしました。

 

 

せんせいは、動きを真似てくれて、私に付き合ってくれました。

 

 

そして、時々、

「あぁ。この動きは、手術後すぐには、厳しそうですね。」

など、冷静なコメントを下さいました。

 

 

その時間が、せんせいを信頼することに、つながりました。

 

 

本当に、ありがたい時間でした。

 

 

告知の直後、医師に質問したコトと相談したコト

 

さとりえ
せんせい、

手術は、どのくらいかかりますか?

手術後のリハビリは、どのくらいかかりますか?

退院後、どのくらいで、動けるようになるのですか?

 

たくさん、質問しました。

 

そして、先生に相談しました。

 

さとりえ
せんせい、

出来れば、8月か9月に手術を受けさせて頂けないでしょうか。

 

 

せんせい

!?今、7月ですが。

8月か、9月!?ですか??

もう予約がいっぱいかもしれません。

 

 

さとりえ
はい。

むずかしいと思うのですが、

それが、私の希望です。

 

難しいようであれば、病院の日程に従います。

 

 

せんせい
わかりました。

病院側に少し時間を下さい。

 

あとで、入院担当から連絡が行くようにします。

希望通りに行くかわかりませんが、病院の予定を確認してみます。

 

 

このとき、せんせいは

かなり細かく、希望日程を聞いて下さいました。

リハビリ期間を考えて、具体的に、いつ頃が良いのかなど。

 

更に、手術が受けられると決まった場合に

必要な検査の予約も、取って下さいました。

 

 

さとりえ
わがままをいってごめんなさい。

本当にありがとうございます。

お願いします。

 

 

せんせい
謝らないで下さい。

病院は、患者さんの希望を叶えるためにあります。

私も、さとうさんの治療をサポートするためにいるんです。

 

さとうさんが、どう生きていきたいかを、サポートすることが

役割なので、なんでも、希望があれば言って下さい。

 

叶えられるかは、別ですが。

なるべく、叶えられるように、サポートします。

 

 

神様かと、思いました。

 

 

がんの告知を受けましたが、

先生との出会いの素晴らしさに気付いた日でも、ありました。

 

この人に、手術してもらいたい。

 

そう、思いました。

 

 

検査を受けてから、がんを告知されるまでの思い出

2017年7月13日(木)~7月24日(月)の間

私は、何をしていても、何となく落ち着かなくて

検査結果のコトが、頭の中をグルグルと回っていました。

 

忘れようとしても、忘れられない。

 

そんなとき、仲間の存在に、癒やされました。

プログラムを通じて、つながる人達のあたたかさに、癒やされました。

 

2017年7月22日(土)ルネサンス北朝霞で

グループパワーと、グループファイトのイベントがありました。

私にとっては、忘れられないイベント。

仲間とイベント

左から、CHOI、NORI、RIE、TAMA。

 

 

みんな、それぞれ、別の場所で活躍するチームメイト。

 

この日のことは、あっという間に過去。

忘れ去られているかもしれません。

 

しかし、私にとっては、こころに残る、イベントとなりました。

 

チームメイトにも、ご参加頂いた皆様にも

こころから感謝しています。

 

 

一瞬、一瞬が、貴重だと感じて、生きていた時期です。

 

 

まとめ

がんの告知を受けても、その後、どのように前を向くかが、だいじでした。

 

告知を受けた瞬間に、いろいろとせんせいに質問したり、

相談したりすることが出来たおかげで、

積極的に治療を進めることが出来ました。

 

落ち込むことも、たくさんあります。

それでも、自分の人生に起こった出来事に向き合い、前を向く。

 

一人じゃない、そう思えたから、前を向けました。

生きる選択(手術を受ける)をすることが出来て、良かったです。

 

 

次の記事も良かったら読んで下さい。

〉〉〉入院日決定 甲状腺がんを家族に伝えに行きました

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.