健康運動指導士/フィットネスインストラクター

愛川町で「自主サークル」を立ち上げる事になったきっかけ

アバター
WRITER
 
自主サークル
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

さとりえです。

今回のブログは、

介護予防のお仕事について書いていきます!

 

現在私は、神奈川県愛甲郡愛川町に週一回

介護予防運動教室を担当しに行っています。

 

自治体によって教室の形は様々であり

年間通して何期あるか

またその期を何回繰り返し参加して良いかなど

ルールが異なります。

 

 

今回は、愛川町の教室で

 

卒業後も教室で出会った仲間と会いたい。

 

自分達の教室を作りたい。

 

 

という思いによって誕生した

「自主サークル」について書いていきます。

 

自主サークルを立ち上げる事になったきっかけ・・・。

 

の前に、教室についての

プチ情報からお読み下さい(^○^)

 

 

介護予防運動教室ってどんな教室?

教室の目的

わかりやすく言うと、言葉の通り

介護状態にならないようにする教室です。

 

 

 

少し詳しく言うと、

高齢者の方が、要介護状態になる前に

個人の状態に応じた運動器の機能向上プログラムを

短期集中的に実施し、生活機能の維持・向上を図り

地域において自立した活動

生きがいのある日常生活を営めるよう

生活の質を向上させることを目的とする教室、です。

 

 

一気に難しく見えますが(^O^;)

 

じーっと見ていると、慣れてきますので♪

 

 

教室の期間

1期 6月~8月

2期 7月~10月

3期 10月~12月

4期 12月~3月

 

週2回

全22回=1期分

 

※自治体によって回数や、期分けの考え方は違います。

 

対象者

愛川町在住で、町の方が必要と判断した方。

※詳しい項目は省略させて頂きます

 

卒業のルール

2期目までは継続することが可能。

その後は卒業すること。

※自治体によってルールは異なります。

 

運動教室を卒業した方々の希望で誕生した「自主サークル」

「自主サークル」は早い段階から相談されていた

6月から教室に参加していた方々は、

10月末で教室を卒業となります。

 

その方々から7月

「卒業したあとも通えるように

教室を開いてもらえないでしょうか」

というご相談を頂いていました。

 

 

まだお会いして間もない時期です(゚ー゚;)

 

 

7月に卒業後の話?

って、え??11月の話?

気が早すぎませんか???

 

と思っていました。

 

今までの経験上だと

教室終わる頃に講師側から

「教室後に、運動する機会はありますか?」

など、カウンセリングしていく事が多かったです。

 

 

しかし

前年も参加していた方々は、

教室の仕組みをよく理解されていたんです。

 

 

教室を卒業した後

一気にやる気が無くなったり

食欲がなくなったり

眠れなくなったり

寂しさを感じたり

様々な不安を抱えて

過ごされていた事

お会いするたびに、一生懸命お話しして下さいました。

 

 

教室に通って楽しければ楽しいほど

その時間が急に無くなると

寂しさや不安を強く感じる。

 

大恋愛後の失恋に似ている。

 

とのことでした。

 

 

教室にときめいて下さり

ありがとうございます!!

 

 

「自主サークル」を受けると決断するまで渋ったさとりえ

実は教室をスタートすると決断するまで

私はとても渋っていました。

 

というか、何度も断っていました。

 

 

現在、家を出てから、教室会場まで

 

 

約2時間

 

かかります

 

(゚ー゚;)

 

 

直線距離は10キロ程度なのに、

バスを乗り換えて向かいます。

 

そして、バスの本数は少ないです。

 

余裕を持って家を出ると

約2時間かかることになります。

 

車。必要です!!ですよねー。

 

今まで車通勤が禁止だったせいもあり

車無しで生活していました。

 

フィットネスで仕事をする前は、乗っていました。車。

 

卒業後の教室…

 

何度もね、断ってました。

 

「ごめんなさい。遠いです。」

 

 

私じゃなくても良いのではないか。

参加できる他の教室を紹介することで

解決する問題なのではないか。

 

そんな思いで

皆さんとお話ししていたのですが

 

「他の教室へ行けば良いとか

そういうことじゃないんだ。」

 

 

という熱い思いをお聞きしているうちに

今までの考えが、変わっていきました。

 

 

皆さんのパワーは、すごいです。

 

 

さとりえを動かした6名の戦士達

①ツンデレキャラのAさん(80代;女性)

お会いした初日、あまり目が合わず

 

「肩が痛いから適当にやるんで

私の事はほっといて。」

 

と、冷たく言われました。

 

当然ほっときませんでしたが笑。

 

毎回、バイクをすっ飛ばして教室に来るので

 

「走り屋Aさん」と呼んでいたら

嬉しそうに笑うようになりました。

 

微妙な出会いから一変して

教室にはいつも一番早く来て下さるようになり

卒業後の教室にも、一番力を入れて下さいました。

 

 

この方の一言は、いつもパンチがあります。

 

 

 

「あんたと会えなくなるんじゃ

すぐ病気になって

どうにかなっちゃうかもね?」

 

 

 

 

!?(゚□゚屮)屮

 

 

・・・。

 

 

 

もはや…脅迫ですね。

 

デスよ。

 

②病気と闘うBさん(60代;女性)

バスで通うBさんは、

重い病と闘いながら、

教室に参加して下さっていました。

 

それでも、すこ抜けて明るく笑い、

いつでもパワフル!

 

1期の途中では入院しながらも、

2期目も継続して通ってくださいました。

 

そんな前向きで

いつも明るいBさんが

卒業近くなった時、涙を見せました。

 

 

「この教室がなくなったら、希望がなくなる。

体がどんどん弱くなっているのがわかるの。

この先、生きる希望が持てなくなっちゃう。

 

こんなに笑う場所は今までなかったから。

お願い。絶対行くから、教室を開いてもらえない?」

 

 

 

(T_T)

 

・・・。

 

Bさんの笑顔を見るためになら

バスの乗り換えがなんだよ!!!

 

そう思いました。

 

 

③Bさんと近所のCさん(70代;女性)

Bさんの近所に住むCさんは

常にBさんと一緒に教室に来ていました。

 

 

ご近所付き合いはとても長いそうです。

お聞きしたのに、

何年のお付き合いか忘れてしまった笑

また聞きます!

 

 

 

「私はBさんと運命共同体だから!!

もちろん行きますよ!!」

 

 

 

え・・・。

 

 

運命共同体!!

熱!!!

 

どっかで聞いたようなフレーズ。。。

 

\(^O^)人(^O^)/

Let’s Move!!

 

④一番大人しかったDさん(70代;女性)

いつも大人しく微笑み

教室を、楽しんで頂けているか

少し心配だったDさん。

 

いよいよ卒業が近づいてきた時

声をかけてきて下さいました。

 

 

 

「教室やってくれるの?

まだ決まってない?

もしやるなら行くから!

やってほしい!

 

ちゃんと伝えておかないと、

伝わらないかなって思ってね、

言いに来たの。

 

人数の問題?

何人必要??私も集めるから。」

 

 

 

(/_<、)

 

その場で泣きそうになった・・・。

 

 

 

⑤ファッションリーダーEさん(80代;女性)

年々脚が思うように動かなくなるというEさん。

教室では一番のお姉様。

女子力が高い。

ファッションリーダー。

巷の情報には敏感。

 

 

 

「他にも教室?

あるよ?そんなのわかってる。知ってるよ。

 

でもね、違うんだ。

みんな、あなたに会いたいんだよ。

大変だと思うけどさぁ、何とかなんないかね。

 

人数必要ならさぁ、

みんなで集めるように声かける。

 

ねぇ??

みんなぁ!?集めるよねぇ??

 

きっと○○さんも来るよねぇ??

ほら、みんな言ってる。

みんなで協力するからさぁ。」

 

 

 

流石ファッションリーダー!!!

自分で洋服作っちゃうだけあります。

 

3秒見つめるだけで

大爆笑しちゃうだけあります。

(笑いのツボ浅すぎます)

 

 

呼びかけ方が、何かもう、すごい!!

 

「ねぇ!?みんなぁ!?」

のくだり笑

 

かっこよすぎました♥

 

⑥スーパーポジティブFさん(70代;女性)

決して楽しいことばかりではない毎日。

(みんな同じですよね)

 

大変なコトを抱えながらも

常に太陽のような笑顔のFさん。

 

お友達とのランチ会の幹事も

引き受け、テキパキこなすそうです。

 

 

 

「卒業後の教室。

やりましょう!

みんなで、やりましょう!

1期の方メンバー、

全員が参加するって言ってます。

 

お友達も集めてくるし協力します!

みんなで協力してやりましょう!

 

ね?はい!!やりましょうやりましょう!!」

 

 

 

勢いがすごい!!

 

 

ということで、

①~⑥までご紹介した方々の言葉に背中を押され

自主サークルを立ち上げることになりました。

 

 

「みんなで」がキーワード。

 

 

1期のメンバーは、この6名からスタートしています。

 

継続率、100%。

 

 

サークルを立ち上げるためにやったこと

今回、サークルを立ち上げる、きっかけについて書きました。

 

実際に立ち上げるまでには、様々な準備が必要でした。

 

 

ザックリ言うと

 

・会場 ⇒ どこが全員集まりやすいか

・日程 ⇒ いつが全員集まりやすいか

・参加費 ⇒ 幾らが妥当か

・申し込み方法 ⇒ ネットは難しいかな

・チラシ作成 ⇒ 掲示用と手配り用が必要かな

 

 

などなど。

 

 

こちらはまた詳しく記事にします!

 

 

まとめ

介護予防運動教室。

進めていく中で、様々な課題が出来てきます。

 

参加者の方に対して、誰が、どこまで関わり

サポートしていくのか。

 

自治体の方や

講師派遣元会社の担当の方と

コミュニケーションを取りながら

進めていく必要があります。

 

 

 

大事なのは

「自主性」

「みんなで」作るサークル活動

 

 

 

そこを見失わずに

どこまでが、自分の役割かを見極めつつ

参加者の皆さんと、試行錯誤しながら進んで行きます。

 

 

「関わる人の思いに、全て応えていたら身が持たないぞ。」

「そんな遠い場所で、苦労して、一体何になるんだ。」

 

と、体を心配して、厳しく指摘して下さる方々もいます。

ありがたいです。

心から。ありがとうございます!!

 

 

とにかくやると決めたので♪

色々と、楽しみながら行動してみます。

なので、応援して頂けると嬉しいです!!

 

 

今回の取り組みが、同じように活動する方々の

役に立つ情報となるように、ブログを通して発信していきます。

拙い文章ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

記事への感想や、ご質問など頂けるとありがたいです。

お気軽にお問い合わせフォームからご連絡下さい(^○^)

 

》》》お問い合わせフォーム

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […] した!!え?さとりえ愛川町で取り組んでいたんじゃないの?→愛川町で「自主サークル」を立ち上げる事になったきっかけと思われた・・・そこのあなた。はい!!同時進行です!!同 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.