健康運動指導士/フィットネスインストラクター

手術前に履く、弾性ストッキングと手術当日の格好について

アバター
WRITER
 
弾性ストッキング手術当日格好
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

前回、2017年9月に手術を受けた日のことについて記事を書きました。

⇒甲状腺乳頭がん 手術当日のまとめ

 

今回は、前回の記事でご質問を頂きました

「弾性ストッキング」

「手術当日の格好」について

書いてみたいと思います。

 

着用する目的 弾性ストッキングってどんなもの?

手術中、血液の流れがわるくならないように

足を圧迫させて、血液の流れを良くしておくストッキングです。

 

手術中は動かないし、血液の流れを止めたりするので

全身の中で血液の流れが良くない状態になります。

心臓と肺

 

そうすると、血液が固まって、

血管が詰まってしまい、肺で詰まってしまう可能性があります。

 

弾性ストッキングは

足関節部分の圧迫圧が一番高く、

上にいくほど、圧は弱くなっています。

 

その事によって、

足先から心臓への血液の戻りを助けます。

 

きっちり、ピッタリ履かないといけないので

手術の前の日、

看護師さんが履き方を確認をするために、持ってくれました。

 

弾性ストッキング着用方法

かんごしさん「コツがあるので、履き方の練習、確認をしましょう。」

弾性ストッキング

 

 

履き方

 

①ストッキングの内側に手を入れて、かかとをつまむ。

 

②ストッキングを、かかとをつまんだまま、かかとの部分まで半分にひっくり返す。

 

③かかとが下側になるようにして、親指ではき口を広げる。

↑これが、めちゃくちゃ、かたいんです。

 圧をかけるから、サイズの合ってない小さなハイソックス履くようなかんじ。

 

④はき口をできるだけ大きく広げ、足先からかかとまで入れ、ストッキングのかかとの位置と、足のかかとを合わせる。

↑この段階もかたいんで、片脚立ちでははけないです。座って、ムギュムギュと足を押し込む感じ。

 

履き方1

 

⑤裏返しにしたストッキングの端を持ち、ふくらはぎからひざにむけて上げる。

 

⑥シワが寄らないように調整する。

 

弾性ストッキング1

めちゃくちゃ足首部分の圧迫が強くて、

履く練習が必要な意味がわかりました。

 

履いてしまえば、気持ちよい感じでした。

 

弾性ストッキングの種類

 

弾性ストッキング7

 

ハイソックスタイプ

長所;脱ぎ着しやすい、着たときの不快感が少ない、値段が安い

短所;太ももを圧迫できない

ストッキングタイプ

長所;太ももも圧迫できる、脱ぎ着しやすい、蒸し暑さも少ない

短所;ずり落ちやすい

ベルト付き片脚ストッキング

長所;ずり落ちにくい、脱ぎ着しやすい、蒸し暑さも少ない

短所;食い込みやすい

パンストタイプ

長所;ずり落ちにくい、食い込みにくい、ファッション性がよい

短所;左右に違いがある場合は使いにくい、脱ぎ着しにくい、蒸し暑い、値段が高い、トイレに行ったとき大変

方脚用パンスト

長所;ずり落ちにくい、食い込みにくい、脱ぎ着しやすい、蒸し暑さが少ない

短所;しめつけを感じることがある、高価、ファッション性に劣る

 

ファッション性はおいといて、

履くときが、たいへんなので、余裕を持って準備しましょう

 

 

弾性ストッキング8

その他

・つま先なしタイプ

・つま先ありタイプ

・サイズ・・・SS・S・M・L・LLなど

・強さ(圧迫圧)・・・強・中・弱など

 

※症状によって、タイプを選びます。

 

手術中に使った下肢空気圧迫装置

手術中は、更に機械を使うとのこと。

念のために使いましょうと、せんせいから勧められました。

 

せんせいは、私の手術は長時間になることを

予想していたのだと思っています。

 

手術が終わったあとにも、

病室で使いますか?と聞かれましたが

それは、使わないことにしました。

 

下肢空気圧迫装置

↑手術中に機械を使うコトへの同意書です。

 

手術が終わってからは、いらないかなと思っていました。

 

せんせいも、「さとうさんは、自分で動けるかな。なくても大丈夫かな」

そう言って下さいました。

 

自分で動こう。

動けるとせんせいが言って下さっているから、大丈夫だ。

不安もあったけど、自分にチャレンジすることを選びました。

 

 

そうは言っても、手術をした直後は、

動く事が本当に、とてもとても大変だったので、

病院から勧められたら無理せずに、機械はあった方が良いと思います。

 

弾性ストッキング4

いやいや。使って良かったんだよ。って、自分に言いたいです。

がんばらないことが、だいじです。

 

 

いろんな説明を受けて、手術前日の夜。

ベットのすぐ横に、弾性ストッキングを準備しました。

何かの試合に出る、前日の夜みたい。

なかなか眠れませんでした。

 

弾性ストッキング2

 

手術当日の格好

手術着、弾性ストッキング、下着

弾性ストッキング9

手術室には手ぶらで行きます。

手術着には大きなポケットがあったので、

携帯はポケットに入れて持って行きました。

 

 

まとめ

手術をおこなっているときは、麻酔で眠っているので体を動かせません。

 

何時間も動かさないでいると、体がどんな状態になるのか、

病院の看護師さんや、お医者さんの話を良く聞くことが大切です。

 

万全の状態で手術に向かえますように。

何かこの記事で役に立つことがあれば、嬉しいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.