健康運動指導士/フィットネスインストラクター

行きたくない病院に、一人で行かなければならない時・・・

アバター
WRITER
 
行きたくない病院
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

病院に、行きたくない。

でも行かなきゃならない。

 

一年前の私が、そうでした。

 

健康診断の結果がよくなくて、紹介状をもらって病院に行く、という状況。

 

2017年7月13日(木)、甲状腺の専門医がいる病院へ受診すると決めました。

 

決めたけど、行きたくない。

 

でもね、絶対ね、行っといた方が良い!!

 

だよね。仕方ない。行くしかないよね。病院。

 

という、

けっして前向きではない気持ちで行く、病院。

 

(T_T) ・・・。 どしよ。 全く、気持ちが上がらない!!!

 

何とか自分を楽しくするように、自分を励ましながら、過ごしました。

 

その日のコトを、細かく思い出すことができるので、記録しようと思います。

 

一人で病院に行こうとしている方に、一人じゃないよ。と言いたいです。

 

人は、一人だけど、一人じゃない。

 

と、思うのです。

 

はじめての病院で、診察に時間がかかるのは当たり前

 

■2017年7月13日(木)

6:00  起床

6:50頃、病院へ向かうため家を出ました。

 

普段、夜型の生活をしていた私は、早起きに、めちゃくちゃ気合いが必要でした。

もう、眠りながら、家を出て、歩いている感じがしたほどです。

 

交通手段は、電車とバス。

バスに乗るのは、とても久し振りでした。

道がどれくらい混むのかわからなかったので、なるべく早く行くことにしました。

 

8:00  病院に着きました。

8:20  初診受付開始。余裕を持って着くことが出来て、一安心。

 

一般外来のスタートが、8:30~

それなのに、8時ですでに、

病院の前には並ぶ人で、列が作られている状態でした。

 

8:20になると、初診の人が先に呼ばれて、病院の中に入りはじめました。

私も後ろの方から並んで、前に進んで行きました。

 

さとりえ
平日なのに、病院に来る人はこんなに多いんだ。

 

私もその内の一人なのに、冷静に感じてる自分がいました。

 

はじめて病院にかかる私の場合、

診察券を作って受付をするために、色々と手続きがありました。

 

やっと診療科しんりょうかを案内される頃には

9:00を過ぎていました。

時間がかかると思っていたので、読みかけの本を持って行きました。

 

10:00頃 診察しんさつ

 

大きな病院に受診することのメリット

診察に呼ばれて、初めて主治医の先生と会った瞬間は

正直、あまり良い感じではありませんでした。

 

なぜなら・・・。

2016年の健康診断で、異常があったのに、今までほっておいたことについて

最初にはっきりと、確認されたからです。

 

さとりえ
よろしくお願いします。

せんせい
はい。こんにちわ。

えっと。

・・・。

佐藤さんは、2016年?

健康診断での結果では

何も治療されなかったんですね??

さとりえ
・・・。

はい。。。

せんせい
そうなんですね。

・・・。

そうですか。。

わかりました。

はい。

 

では、みてみましょうか。

 

 

 

はっきりと、1年間ほっておいたことを確認されました。(T_T)

先生の間が、怖い!!

 

はい。ごめんなさい。

せんせい
ちょっと失礼します。

 

両肩に手を置かれて、首のあたりを触りながら、丁寧に診察してくださいました。

そして、すぐに、

 

せんせい
とりあえず。

これから検査をしてきて頂いてもよろしいでしょうか??

血液とか、エコーとか。

また検査結果が出てあとに、診察になります。

さとりえ
はい。

 

病院は時間がかかるんです。

何故なら、先生しか、検査のオーダーが出来ないからです。

 

診察に、1時間待ったのに、ほとんどなんにも話さないまま、検査???

 

そりゃそうです。

先生は、私の人柄をみるのではなく、からだをみることのプロ。

現在のからだの情報が必要なんですよね。

 

さとりえ
大きな病院に来て良かった。
一日、予定を空けてきて良かった。

 

血液や尿、エコー検査をしたりしながら、

思いました。

 

もしも、「検査結果は別の日です、また来て下さい」って言われたら、大変でした。

 

11:30 検査結果が出た後、診察に呼ばれたとき、先生の表情は厳しかったです。

 

せんせい
さとうさん、

今日の午後は、お時間ありますか?

 

さとりえ
え?午後ですか??

あいています。

 

せんせい
詳しい検査をですね。

した方がよいと思うのです。

時間は、大丈夫ですかね??

 

先生の眉間にシワが寄っていたから、

私も同じような厳しい表情に、なっていたのだと思います。

しばらく、沈黙しました。

 

医師とさとりえ

 

詳しく。。?

更に詳しく。。検査??

何か、良くないことが起こっているんだな・・・。

何だろう・・・。とにかく先生の顔が怖いし。

 

私の気持ちがわかったのか、

安心させるような口調で、話しをしてくださいました。

 

せんせい

病院にはご飯を食べる場所などもありますから、

ゆっくり過ごしてください。

 

今日は少し長くなってしまいますが、

また病院に来て頂くよりは、

今日検査してしまった方が良いかなとおもうんです。

大丈夫ですか?

 

さとりえ

はい。大丈夫です。

ご飯食べて来ます!

 

と、いうことで、診察室を後にしました。

ご飯を食べて、落ち着こう。

 

待ち時間が長い病院内での過ごし方

病院には、休憩スペースがいろんなところに、たくさんありました。

 

くつろぎのソファーや、カフェ、ご飯を食べられるエリア、などなど。

 

まずはお腹が空いたので、病院の6階にあるレストランに行きました。

 

平日なのに、たくさんの人が来ていて、満員でした。

名前を書いて待つ事にしましたが、すぐに呼ばれました。

確か、食べたのは、ざるそばだったと思います。

 

ざるそば

 

写真を撮れば良かったです。

もっともっと美味しそうでしたし、美味しかったです!

 

レストランは明るくて、前面が大きな窓になっていました。

6階はながめが良くて、遠くの方の山が見えて、落ち着く風景でした。

 

レストランにいる、ほかのお客さんを見ながら、家族のことをおもいました。

 

最近会えてないな。

父、母、弟、妹、そして、祖父。

元気かなぁ。

 

会いたいなぁ。

 

その後はソファのある場所で、時間になるまで過ごしました。

病院のソファ

もっと、なんていうか、素敵なソファでした。

靴もぬいでくつろぐという・・・。

一瞬、何をしに、どこにいるのかわからなくなるくらい、くつろぎました。

 

甲状腺の検査、穿刺吸引細胞診せんしきゅういんさいぼうしん

ベッドに仰向けになって、首に針を刺して行う検査。

それが、穿刺吸引細胞診せんしきゅういんさいぼうしんの検査です。

 

14:00 検査の時間になったので、診察室の隣にある処置室に行きました。

 

時間になったら、ベルを鳴らして、看護師さんを呼んでください。

言われたようにして待ちました。

 

すぐに扉が開いて、中からしっかりしてて優しそうな看護師さんが出てきて

先生の待つ場所に案内されました。

 

先生から、検査の方法を説明。

何度も、「なるべく力を抜いて頂きたいんですね。」

と繰り返し言われました。

 

力が入る理由。。。

わかる気がします。

 

細胞診検査

検査後

 

15:20 無事に検査が終わって帰る時の写真。

 

これ、一般の人が見たら、ビックリする感じの首回り・・・。

 

暑い夏の日。このまま、帰りました。

 

先生に、かなり心配されました。

せんせい
さとうさん、
そのまま、帰りますか?

さとりえ
はい。

 

せんせい
・・・。気をつけて。

さとりえ
はい!

 

 

まとめ

はじめてかかる病院は、時間がかかるのが当たり前です。

時間をうまく使えるように、準備をしていきましょう。

 

病院に一人で行くことは、大人になると当たり前になることが多いですね。

でも、本当は、不安だし、大切な人が一緒に来てくれると、安心なんですよね。

 

いやいや、そんな甘えたこと言えない。

 

そもそも、甘える人なんていない。

 

 

色んな状況があるかと思いますが、

 

私はブログを通して、一人じゃないよ。と言いたいです。

 

 

 

良かったら次の記事も読んでみて下さい。

〉〉〉2017年7月24日(月)甲状腺乳頭がんと、言われた日

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.