健康運動指導士/フィットネスインストラクター

甲状腺がん 入院中の食事について~番外編~

アバター
WRITER
 
入院中の食事番外編
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

さとりえです。

 

2017年9月、

入院したときのコトについて書いています。

 

今回は、入院中の食事について、番外編です。

 

前回は、ただひたすらに、食事の内容をアップしました。

 

今回は、入院中の食事を管理して下さっていた

 

病棟看護師さんとの思い出について、書いていきます。

 

入院中の食事におけるルール

 

その1 食事を受け取るとき、名前の確認

 

必ず、食事を受け取るときには

 

「お名前は?」と聞かれ

「さとりえデス。」

と、答える。

 

この、

なんとも単純な、ルール。

 

何度も繰り返されていくと、

ちょっと、むなしさも、出てきました。

 

名前確認

 

いつも会っている看護師さん

決まったことを確認するって

だんだんつまらない作業に感じてきちゃいました。

 

せっかく来てくれて

会話するからには

もう少し話したいなぁと思っていました。

 

でも、忙しい看護師さんは

名前の確認をしたら、風のようにいなくなります。

私も、彼女たちの迷惑にならないように、

素早く名前を言って、終わらせます。

 

楽しいとか、楽しくないとかではなく、

決められたルールですので。と言われると

何も言えませんでした。

 

 

その2 食事が終わったら、食べた量の確認

病棟のスタッフさんが来て下さり、

食事のチェックをしてくれていました。

 

 

・どのくらい食べたか。

・どのくらい残したか。

 

記録し、管理されていました。

 

そのため、

病室の外にある、カードに

食事を戻すのは、看護師さんの役割でした。

 

配膳台

 

でも、常に、筋肉が落ちていくのを感じていた私は

ヨロヨロしながらも、配膳台に運んでいきました。

 

そしたら、

 

「やらなくて良いです」

 

とあっさりいわれ

 

(T_T)

 

ショックを受けました。

 

出来ることやってるのに、

「やらなくて良い」って言われた・・・。

 

「やらなくていいです」の理由

片付けをしなくて良い理由は

本人確認をしたいから。でした。

 

 

私は、食べ終わった後、

食事のメニュー表を大事に抜いてしまっていました。

退院日_朝食

↑コレ。

 

ですので、そこに書いてある、

私の名前がわからなくなってしまっていました。

 

配膳台に戻された、

名前のない食器は、どの病室の、

誰のものかわからなくなってしまいます。

 

食器の片付け

 

食べたもの

片付けたい・・・。

 

「やらせてください!!」

 

病棟の看護師さんに言いました。

 

「わかりました。

食べたかの確認は必要になりますので、聞きに来ます」

 

そう言って、くださいました。

 

 

それから先は

 

食事確認

 

病室に、顔出して、目を合わせ

 

「食べました?」

「はい!」

 

 

やっと、短時間で出来る

コミュニケーションを思いつくことが出来ました。

 

 

・笑顔

・ガッツポーズ

 

 

看護師さんも

一緒に作ってくれるようになりました。

とても嬉しかったです。

 

 

本当に、

小さな小さなコトですが

 

そんな、小さなコトが

毎日のモチベーションでした。

 

 

ありがとうございました。

 

 

まとめ

自分でやれることは、やりたい。

 

そう思える元気が出てきたら、

病院の人に、その気持ちを伝えましょう。

 

そして、病院の人と相談しながら

動ける範囲を、少しずつ、増やしていきましょう。

 

小さなコトから、ゆっくりと

自分のペースで、動いていく。

 

だいじです。

 

体は、動かさないでいると、

 

動けなくなってきてしまいます。

 

無理はしない。

でも、あきらめず

進んでいけますように。

 

応援しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.