健康運動指導士/フィットネスインストラクター

甲状腺がん 声が出なくなるかも知れませんと言われてから

アバター
WRITER
 
声が出なくなるかも
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

一年前に甲状腺がんで入院して

手術を受けた経験をブログに書いています

さとりえです。

 

 

ブログを書き始めて、

嬉しいことがありました。

 

 

中学生時代に知り合い

社会人になるまで共に過ごした友人が

お誕生日の日に

「お誕生日おめでとう!ブログ見たよ!」って

連絡してきてくれました。

 

 

海外に行ったり、遠くに住んだり

活動的な彼女。

だんだんと疎遠になってしまっていました。

 

 

現在、3人のお母さん!!

 

15年・・・いや、もっと?

いつぶりか、忘れてしまうくらい

長い期間が空きましたが

 

本日、会ってきました!!!!

 

会った瞬間

一瞬で仲良く話していた時に戻りました。

一瞬でした!

 

 

朝早く待ち合わせて

二人きりの時間を作って話して

それでもまだまだ足りなくて

おちびちゃんと合流して話して

それでもまだまだ足りなくて

 

そしたらお家に呼んでくれて

話して。

 

 

ありがとう。

 

 

変わらず

可愛くて、素直で

明るくて、素敵な人。

 

 

大好き。

 

 

会ってない間、お互い色々あったね。

元気で再会出来て、嬉しかった。

 

ブログを書き始めて

改めて良かったって思ったよ。

 

身体に気をつけて、過ごしてね。

また会おう!

 

 

記事のタイトル。

ブログを読んで下さった方から

質問を頂きましたので

ブログでお答えしていこうと思います!

 

●声が出なくなるかも知れないと言われて怖くなかったですか?

 

「声が出なくなるかも知れない」という言葉

 

怖かったです。

 

それは、それは、怖かったです。

 

が、しかし。

 

考えても仕方ないことなので

考えないように過ごしました!

 

手術後に、声を出してみて

出なかったら、その時考えようと

思って過ごしていました。

 

●手術前にしたことは何ですか?

手術前にしたことは、カラオケです!

 

普段はあまり行きませんが

歌いたい歌は、歌っておきました笑

 

●手術後、声を出すためにどんなことをしたのですか?

・手術後の様子がブログでとても辛そうでした。

その後、声を出すためにどんなことをしたのですか?

 

声が出るかを咳払いで確認

手術当日の夜

咳を出すときに、「ゴホン」という声が出るか

痰を出すタイミングの時に試していました。

 

 

喉がとても痛くて

咳をするときにも

 

ヒューヒューという音だけで

咳払いが出来なかった時間がありました。

 

声が出なくなってしまったのではないかと思い

とても長い時間に感じました。

 

 

声を出すために呼吸から練習

ため息

「はぁー。。。」

と声を出して、

ため息が付けるか

 

何度も確認していました。

 

 

「はぁーーー。」という呼吸音から

 

たまに、「あ」の音が少し大きく出るようになったり

 

 

「ーーぁーーーぁーーーーーぁーぁーーーぁーーぁ。。。」

 

 

壊れた無線機のようですね。

 

地道ですが、そんなコトを繰り返していました。

階段トレーニングの途中でも

同じようなことをしたりしていました。

 

外来のザワザワした場所の方が

発声練習はしやすかったです。

 

 

また咳をする前の

「ぁー。」

「ぅー。」

 

とか、少しの声も

いちいち出るかどうか

確かめていました。

 

 

そんな些細な瞬間に

意識を集中させていた時期があったんです。

 

 

手術後、1日目のお昼くらいには、少しずつですが

吐く息と合わせて、かすかな声が出せるようになってました。

 

マスクは必需品

病院内は、どんなときもマスクをして過ごしていました。

階段トレーニングの時にもマスクしていました。

 

 

マスクを付けたままでの有酸素運動は

激しく呼吸が乱れ

高地トレーニングのような感覚でした。

 

 

院内は感染予防のため、マスクが必需品です。

 

●声帯にがんが転移していたと書いてありましたが、大丈夫ですか?

大丈夫だと思います!

手術でせんせいが取り除いて下さいました。

 

声を出す筋肉は、左右あります。

 

私は、手術直後、

片方だけ動きが悪くなってしまいました。

 

しかしどちらか片方動けば

声を出せるようになっていくと言われたので

地道な声出し練習を、とにかく続けていました。

 

今では問題なく、声を出すことが出来ています。

 

退院後もすぐに、問題なく出せるようになっていました。

 

ただ、マイクのない運動教室では、様々な試練がありました。

それはまた記事に書きます。

 

まとめ

手術後の声出しは

少しずつ、呼吸練習から行いましょう。

 

水をたくさん飲みながら、喉を潤しながら、行いましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.