健康運動指導士/フィットネスインストラクター

甲状腺がん 入院中、心臓が飛んでいったくらい驚いた事件

アバター
WRITER
 
ナディ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

甲状腺がんで2017年9月に入院して

手術したコトについて書いていますさとりえです。

 

 

今回は、入院中に一番。

心臓が飛び出そうなくらいに。

 

驚いたことについて

書いてみたいと思います。

 

 

手術当日の夜、その事件は起きました

手術当日

長い夜を過ごしたことは

何度かブログにも書きました。

 

その時間、私が

私自身に対して思っていたこと。

 

 

感情は

コントロールする物なのだ。

ということ。

 

 

痛い、苦しい。

 

 

その時間

感情を固めること

 

 

心を動かさないことで

自分自身を保っていました。

 

 

痛くもないし

苦しくもない

 

 

これは

気のせいだ。

 

 

流れている時間から考えたら

一瞬の出来事なんだ。だから。。

 

 

気のせいだと思って、

時間を過ごせば良いだけだ。

 

 

・・・。

 

 

手術から一年経った今

当時を振り返って書いていますが

そんな簡単に感情のコントロール

出来ていませんでした。

 

事件は一瞬でした

私は

病院でせんせいから

 

「常に冷静ですね」

「しっかりしていますね」

「さとうさんは大丈夫ですね」

「落ち着いて物事を判断できていますね」

 

 

など、

具体的に褒めて頂くことが多くありました。

 

 

本当に主治医のせんせいには感謝しています。

 

 

人間、褒められて

信頼されると

力が沸いてきます。

 

しかし、全く冷静さを失った瞬間がありました。

 

 

本当に

心臓がどっかに飛んで行っちゃったくらい

驚いた事件でした。

 

 

 

全身が、

思うように動かなかった手術当日の夜。

携帯の操作はできるようになっていました。

 

 

夜遅く、一つの動画が送られてきました。

 

 

※音声注意

 

手術後の動画

 

 

 

 

 

 

Naddy

 

 

ちょ!!

 

 

わ!!!

 

 

ナディ!!!?

 

 

 

しまった!!

 

 

携帯の音量!!!

 

最大までに上げていました!!

 

 

真っ暗な病室の中

ナディの声が響き渡りました。

 

 

 

すぐに、必死に、

音量を下げようと思いましたが

うまく操作ができず、

 

静まりかえった病室に響き渡りました。

 

「ーーーーーー!!!!」

 

 

お隣さんへ。

 

本当に、

もう、ほんとうに、ごめんなさい(@_@)

 

 

 

更に

ナースステーションからバタバタと

複数人がライトを持って!?

 

走り出していました。

 

大騒ぎ

●●●看護師さん達の会話●●●

「何!??今の??」

「わかりません!」

「何の音だった?」

「何でしょう!?・・・!」

「叫び声ですかね?」

「どっちからだった!?」

「向こうだと思います!」

「一人はステーションに残って!」

「はい!!」

 

バタバタバタバタバタバタバタバタ

 

 

バタバタバタバタバタバタバタバタ

 

 

・・・・。

 

 

 

・・・(T_T)

 

 

 

もはや事件・・・。

 

 

 

(ごめんなさい。Naddyの叫び声です。)

 

 

いや。正確にはわたくしの、携帯の叫びです。

 

 

病棟の看護師さん及び、

病室の方々にとても、

悪いことした気持ちになりました。

 

 

呼吸を押し殺して

ライトが消えて

 

足音が静まるまで待ちました。

 

 

※説明するにも、私は声が出ない時期でした。

※Naddyとは

フィットネスインストラクターの仲間です。

関西で活躍する、外国人に間違われることの多い日本人です。

 

Naddy

 

仲間

 

LINEスタンプ

[いきなり熱い!関西のインストラクター達!]

コチラ

 

まとめ

病院内ではイヤホンを、使いましょう。

必ず!!本当に、必ず!!(おまえだよ!!)

 

はぃ。わたしです。

 

毎回ごめんなさい。

 

携帯の操作には、十分に気をつけましょう。

 

 

はい。携帯の操作!!

十分に、気をつけて生きていきます!!

 

 

Naddy、ありがとう。

やはり唯一無二!!

どんな時も、こころに残るエピソードをくれる!!

 

Naddyのインスタ

コチラ

 

とっても素敵な人物です!!

皆さん、フォローお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.