健康運動指導士/フィットネスインストラクター

アブレーション治療後の注意事項と副作用 Q&A 8と9個目

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

さとりえです。

 

2018年も残り約2ヶ月。

寒くなってきましたね。

風邪など引かず、元気にしていますか?

 

 

このブログ、

甲状腺がんの治療中だということを

忘れないようにする。

同じ病気の方に、何か役に立ちたい。

フィットネスの魅力を、多くの人に伝えたい。

 

 

そんな思いで書いています。

 

 

最近、

「ブログを読みました!」

「励まされています!」

「更新楽しみにしています!」

 

と、ご連絡を頂く事が多くなりました。

 

 

お問い合わせフォームからご連絡を頂くのですが

連絡をすること自体、勇気ある行動だと思います。

 

 

心から、ありがとうございます。

 

 

同じ病気で闘っている人は

せんせいがおっしゃられていた通り

私が思うよりもはるかに多く、いらっしゃるという事がわかってきました。

 

 

ブログを書いてきて良かった。

 

心から、そう思いました。

 

 

 

さて!

甲状腺がんで、甲状腺を全摘出した方が受ける

アブレーション治療についてのQ&Aの、8個目と9個目。

 

病院から頂いた資料を基に、記事を書いていきます。

 

 

 

 

 

 

Q8;外来アブレーションの後で注意することはありますか?

A;注意することはあります。

 

あなたの内服した、放射性ヨウ素は

帰宅後も少ない量ですが放射線を出します。

 

ご家族や周りの方の人の健康に

害を与えるような量ではありませんが、

他の方に当たる放射線の量を出来るだけ少なくすることが必要です。

 

3日間ほど注意して生活することにより、

他の方への影響を避けることが出来ます。

 

放射線を受ける量は、

あなたと接する時間場短ければ短いほど、

あなたからの距離が離れれば離れるほど、減ります。

 

他の方との距離を保ち、

近くで過ごす時間を短くすることが大切です。

 

 

・・・。

私はこの治療の期間中、職場には

「治療のために入院してきます。」

と、伝えていました。

 

実際は、家にこもって、3日間

一歩も外出せずに過ごしていました。

 

 

入院すると伝えた方が、シンプルでした。

 

 

治療の説明は、すればするほど

多くの人とお会いするフィットネスインストラクターの仕事上

様々な場所で、不安を与えたり、心配をさせてしまうと思ったからです。

 

治療の内容や、病気について、知っていれば怖くないのですが

全ての方に、ご理解頂けるよう説明する自信がありませんでした。

 

 

家族にも、友人にも伝えず

この期間は、SNSなども

なるべく遮断して過ごしていました。

 

 

病院に入院させてもらえた方が、幸せだと感じました。

 

 

せんせいや看護師さんや

病院関係の方と、少しでも、人と関われる。

 

 

人の気配がある場所で、生活出来る。

 

 

「入院しなくても大丈夫です。」

 

 

という、せんせいの言葉は

良かれと思って言われたと100も承知なのですが・・・。

 

 

自分の存在を、病院からも拒否されたような気がして

孤独を感じました。

 

 

自宅に帰れた方が

家族と過ごせて幸せだろうと

思われる方の方が多いかも知れません。

 

 

病院に入院したかったなんていう・・・

私のような考えは、少数派かな。。

 

 

くよくよしていても仕方ないと思い

自宅での3日間は一人時間を楽しむことにしました!!

 

 

食料も、身の回りのものの買い物も全て済ませ

準備しました。

 

 

3日間の過ごし方

※これは、あくまでも「一人暮らし・さとりえの場合」です。

 

 

まずは、

買い物を全て済ましておきましょう。

 

アブレーション治療の期間は、

食事制限を含め、スケジュールが決まっています。

 

準備期間もスケジューリング出来るので

しっかり手帳などに書いておきましょう。

 

買い物リストは、服薬が始まる直前ではなく

一週間前くらいから書き出して

思いついたらチェックを入れたり、追加したりしていました。

 

3日間の献立を考えながら、携帯のメモに登録して楽しみました。

 

 

 

イメージは、自宅にいながら、

 

 

合宿に来た!!

 

そうだ合宿ってことにしよう

という感じでしょうか笑(どこまでもポジティブ。一ミリ間違えば単なるバカ。)

 

 

「合宿とは」

練習・研修など一つの目的のもとに、多くの人が同じ宿舎で生活をともにすること。また、その宿舎。

 

 

 

 

・・・。一人では出来ないのが、合宿。

わかっています!!イメージ!!そんなイメージってコトで!!お願いします。

 

 

一日のスケジュールを立てましょう

6時~7時頃 起床

朝練(ヨガ)・掃除・お風呂。

 

8時~9時頃  朝食

その後、掃除・読書・勉強・午前練。

・担当プログラム(GP・GF)の9曲目(コンディショニング)を選曲して連続10曲分など

・GP、2曲目(脚)、7曲目(脚)バックナンバー祭りなど

コアトレーニング

 

ヨガ。

お風呂。

お風呂

 

 

12時~13時頃 昼食

ごはん楽しみ

その後、読書・勉強・午後練。

・担当プログラム(GP・GF)の9曲目(コンディショニング)を選曲して連続10曲分など

・GP、2曲目(脚)、7曲目(脚)バックナンバー祭りなど

↑午前練とほぼ同じ。

 

 

ヨガ。

ヨガ

ヨガ

 

 

16時頃 おやつ

お風呂。

 

 

19時~20時 夕食

その後、読書・ニュース。

 

 

22時頃 眠る。

 

↑こんな感じでスケジュールを立てて

ほとんど、スケジュール通りに過ごしました。

 

 

お風呂多!!

 

とにかく、清めたい一心でした。

半身浴くらいにして、お水入れ替えて、

この時ばかりは水道代かかるなーと思ったけど、水は入れ替えました。

 

 

一番意識したことは

お水をたくさん飲むこと。

1日2リットルくらい!!

汗をかいて、お風呂入って、

お水飲んで、どんどん体を良いお水で

いっぱいにしていくイメージで、飲んでいました。

たくさんお水

 

その他

・SNSを極力見ない。

・テレビを極力見ない。(ニュースくらいでした)

・メールや電話も極力しない。(合宿中は電波が入らない場所にいると!いうことで)

 

 

いつでも、音楽は心を励まし、助けてくれました。

 

音楽を聴くと、思い出す、つながる仲間を感じることが出来たから。

 

 

スタジオでの空気感。音楽が思い出させてくれます。

 

 

Q9;副作用はありますか?

A;まれにあります。

まれに内服後に頸部や唾液腺(耳下腺、顎下腺)が

はれることがありますが、ごく軽度で

それも一時的で、自然に回復します。

 

時に味覚異常(味がわからなくなる)が

生じることがありますが

もしも生じても必ず回復しますので心配されないで下さい。

 

一時的に白血球や血小板が

わずかに減少することがありますが

健康に害が生じることはありません。

 

なお、アブレーションが原因となり

二次的白血病や他のがんを発生することはありません。

 

また、将来、お子さんを作られた場合

生まれてくるお子さんにアブレーション治療が原因で

障害が生じることはありません。

(妊娠については、注意が必要。女性;1年間、男性;半年間の避妊)

 

 

 

子どもについて、

女性なら気になるところですよね。

 

大切な人と出会えている方は

大切な人とよく話し合って

理解してもらいましょう。

 

私が言っても説得力がありませんが

大切な人に相談することは、大事です。

 

 

まとめ

Q&Aについて

少し怖いと感じることがあるかも知れません。

 

ブログに書くことで

どのようにあなたに伝わるか、心配です。

 

ブログは、良くも悪くも、顔が見えないから。

 

 

伝えたいことは

治療を受けると決めたときから

受けるまで、受けてからの過ごし方について

 

いかに自分の心を

平常に保てるか

 

ということです。

 

怖さや、不安、孤独感。

 

様々な感情が、襲ってくるかも知れません。

 

そんな時には、このブログを思い出してほしいです。

 

そして、「大丈夫」って、言葉にしてみて下さい。

 

声に出して、言ってみてください。

 

「大丈夫」

 

怖さや不安、孤独感。。

 

作り出しているのは

ほとんどが、自分自身の心なんですよね。

 

わかっちゃいるけど

人間は感情の生き物なので

弱気になるときも、あります。

 

 

それが、

生きていることなのかな

って思うときがあります。

 

 

 

でも。

一人だけど、一人じゃない。

 

ものごとは、見方を変えると

 

何でも楽しむことが出来ます。

 

病気や、治療。

 

自分の体に起こっていることを理解し

受け止めて、向き合えるようになると

毎日がまた、違って見えてきます。

 

 

矛盾や葛藤と闘う。

どんな自分も、愛すべき自分。

 

そんなこと書いてみたけど

 

私はなかなか自分を愛することが出来なくって。

 

まだまだ、生きるコトについて勉強中です。

 

病気は、様々な形で、私に生きる勇気をくれました。

 

 

生きていることの、奇跡を楽しみましょう。

 

私はあなたを応援します。

 

 

今この瞬間

 

あなたと同じ時代を生きている奇跡。

ブログを通して、出会えた奇跡に感謝。

 

 

 

あなたの心が、

穏やかでありますように。

 

それではまた。

2017年の紅葉狩り

(写真は2017年の紅葉狩り)

 

 

 

》》》甲状腺アブレーション治療についてQ&A10個目「この後の予定」

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.