健康運動指導士/フィットネスインストラクター

手術から半年後にボディビルの大会にエントリーした理由

アバター
WRITER
 
エントリーの理由
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

一年前に甲状腺がんを手術したことについて

ブログに書いています、さとりえです。

 

ブログを公表してから

様々なご質問を頂くようになりました。

とても嬉しく思っています。

ありがとうございます!!!

 

 

ブログを書き始めたときには

なんとなくですが、

書いていく記事の順番を考えていました。

 

 

順番に書いていくよりも

頂いたご質問に回答していく方が

皆さんのためになるとわかったので

気にせず投稿していくことにします!!

 

●ボディビルの大会に参加したのは何で?

 

この質問は、当時もかなり頂いた質問です。

 

「なんでボディビル?」

「どこに向かってるの?」

「何やってんの?」

 

 

(^_^;)笑

ですよねー笑

 

病気を知らない方がほとんどだったので

同業の方からは厳しいお声を頂く事もありました。

 

 

当時、質問されたときの私の回答は

ヘラヘラ笑って

「とにかくがんばってみますー」

という感じでした。

 

ボディビル大会にエントリーした理由

大会に参加した理由は

 

自分の心を強く保つため

 

 

甲状腺がんの手術後

半年以降に実施するよう言われていた

甲状腺アブレーション治療というものがあります。

 

 

内容を簡単に説明すると

手術で取ったがんが

体の中に残っていないか

チェックする検査です。

 

 

せんせいはサラッと言いましたが

 

転移の心配があるので

必ず受けて頂きたいです。」

 

 

転移・・・。

 

そっか。そういう病気だよね。

 

と言うことで、受けるコトを決めました。

 

何故ボディビル大会だったのか

マラソン大会、水泳大会

様々な大会がある中で

何故ボディビルだったのか。

 

これは、手術後の体の状態が理由です。

 

声や呼吸が上手く出来なかったのでマラソンはNG

 

首を動かすコトがなかなか出来なかったので水泳もNG

 

地道なリハビリの延長線上にある

筋トレを深めていくことにしました。

 

大会にこだわらなくても良かったんじゃない?

 

ボディビルを目指すのは良いけど

大会にこだわらなくても良かったんじゃない?

 

と言われることがありました。

 

本当、そうだと思います。

 

これもご縁なのですが

必死にリハビリ、トレーニングをしていた時に

ボディビルの大会にエントリーするよう

背中を押してくれた方がいました。

 

 

トレーニングに目標はとても大切です。

 

 

大会に出る理由、何度も書きますが

 

自分の心を強く保つため。

 

 

大会にエントリーしてから

トレーニングにも気合いが入り

病気や検査を忘れ、楽しく過ごすことが出来ました!!

病気や検査のこと忘れちゃダメです。。。

※トレーニング内容はまた記事にします。

 

検査を受けたくない弱い心と戦っていました

甲状腺アブレーション治療は、放射線治療です。

治療の流れ

検査の二週間前から食事制限

検査の二日前から、二日間連続して注射

検査当日 放射線カプセルを飲む

検査後三日間、外出禁止

検査から四日目、全身の撮影

1ヶ月後に検査結果を聞きに診察

 

 

カプセルを飲んでから撮影まで仕事を休み

安静に過ごさなければなりませんでした。

 

 

カプセルを飲んだのは

2017年4月4日(水)

仕事はお休みを頂き、治療に専念しました。

 

 

検査を決めたのは、

2017年10月2日(月)

 

食事制限がスタートしたのは

2018年3月21日(水)

この日は大雪。

 

ポンコツドリームのイベントでした笑

本当。いつも、元気をもらってばかり。

 

アメブロの記事

西国分寺 ポンコツドリーム

 

 

・・・。

検査日が決まってから

2018年4月2日(月)の検査当日まで

かなり期間が長いと感じました。

 

「転移」の二文字が気になり

せっかく手術が終わって退院したのに

どう過ごして良いかわからなくなってしまいました。

 

 

というか・・・。

 

 

この検査を受けるのが

 

イヤでイヤで仕方なかったです!!!

検査受けたくない

 

やったー!!!!

 

 

言ったーーー!!!

 

 

本当の気持ちを

 

言ったーーーーーーー!!!

 

言えた!!

言えた!!

 

心の中では

こんな感じ!!!

 

 

注意)赤いハチマキとマントは想像上の物です。

 

いやいやいや

 

「こんな感じ!!!」

 

じゃないですね。

 

 

 

せんせい

検査をして下さった方々

 

ありがとうございます!!

 

 

つい本音が・・・。コラ!!

 

感謝中

 

 

いやいや!!

ちゃんと検査、受けたので!!

本当の気持ちをココに書くこと

許して下さい。。。

 

 

と。

そんな感じでしたので。

 

 

検査当日までと

検査結果を聞きに行くまでの間

 

 

病気のコトを考えすぎないように

何か目標を持って過ごすことは重要でした。

 

心と体に大切なこと

 

自分の気持ちを素直に話すコト。

家族や仲間に素直に頼るコト。

 

 

この二つは

心と体に大切だなーって思います。

 

 

退院後、実家に帰ることはなく

仕事に復帰し、過ごしていました。

 

 

退院後、家族から

「元気に生活してるの?」

と聞かれて、

「元気だよー!」

こんな会話で終わらせてきました。

 

 

でも、

「元気だよー!」

っていう自分を保つために

強い心が必要でした。

 

 

心配をかけたくない。

 

老後を心配している両親を

楽にさせてあげたいのに

病気になってしまって情けない。

 

 

そう思って、過ごしてきました。

 

 

自分の気持ちを素直に話すコト。

家族や仲間に素直に頼るコト。

 

 

なかなかうまく出来ないのですが

これからも大切にしていきます。

 

病気が教えてくれた大切なコト。

 

 

ボディビル大会に参加したときにも

この二つのコトは

大切だなーって感じる瞬間がたくさんありました。

 

 

ボディビル大会

本当に良い経験となりました。

 

 

あ。。。

 

大会に参加したこと、

せんせいに言ってなかった・・・。

 

・・・(T□T)きゃー。。

 

 

まとめ

手術から半年後に

ボディビルの大会にエントリーした理由

 

「自分の心を強く保つため」 でした。

 

あなたは、心を保つために何をしますか?

 

家族に話す?友達に話す?

彼氏に話す?自分と話す?

 

ゆっくり過ごす?

美味しいもの食べますか?

 

 

人それぞれ

心の保ち方があるかと思います。

 

自分に合う方法が見つかりますように。

 

今日も良い一日をお過ごし下さい🍀

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […] 》》》手術から半年後にボディビルの大会にエントリーした理由 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.