健康運動指導士/フィットネスインストラクター

夜中急な腹痛…卵巣捻転の疑いで緊急入院・手術を受けました

アバター
WRITER
 
緊急入院
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

現在入院中のさとりえです。

 

2019年2月15日(金)

23:00から、YouTubeライブを始めましたが

開始後すぐに、

腹痛が気になり、ライブを中止する事態となりました。

 

思い出せば、開始する10分前くらいから

チクチクと腹痛を感じていました。

 

トイレに行っても何も出るわけでもなく

水分を摂って、そのままライブの開始ボタンを押しました。

 

 

その後…

 

とんでもない腹痛

 

に襲われることになるとは…

全く予想していませんでした。

 

救急車を呼んで

救急病院へ運ばれ

次の日の朝一、開腹手術になるなんて・・・。

 

「右卵巣頚捻転」

 

救急外来の診察後に告げられた病名です。

(手術後少し変わりましたが)

いかにも痛そうな名前ですね。

 

今、病室でブログを書いています。

一昨日、自分に起こった出来事を、忘れないうちに記録に残そうと思います。

ちょっとチクチク

やな予感

大ピンチ

 

 

 

とんでもない腹痛に襲われた時、気をつけたい10個の事

自分の身に起きたことを振り返りながら

一人暮らしでとんでもない腹痛に襲われた時

気をつけたい10個の事を

書いてみたいと思います。

 

2019年2月15日(金)23:10

YouTubeライブを開始5分で切り上げた私は

すぐにトイレに駆け込みましたが、やはり、何も出ません。

 

しかし、どんどん腹痛は強くなり、

 

冷や汗が出てきて、呼吸もおかしくなってきました。

 

「これは絶対に何かおかしい。何だろう??」

と考えても、思い当たることがありませんでした。

 

と、油断していたら、

胃から胸に向かって気持ち悪くなってきて

嘔吐。

 

初動が大事

「ちょっと苦しいけど、

少し時間が経ったら大丈夫になるかな?」

「どうしようかな」

「様子見てみようかな」

 

なんて、思った瞬間

 

動き出すことをオススメします。

 

まず連絡する先は、病院じゃなくても良い。

 

家族や、大事な人、友達、SNS。

 

何でも良いので、つぶやいてください。

 

「ちょっとお腹がチクチクするみたい。」

「何だか体調がおかしい。どうしたんだろう。。」

 

今だから婦人科系の痛みだったのか!!

と思いますが、その時は分からず

食べたものが悪かったのか、急な熱?風邪?

と原因を探しました。

 

今の時代は、どこにいても、人とつながることが出来ます。

一人じゃない。

 

でも、発信しないと、一人になっちゃう。

 

初動が大事!!!ためらうべからず

ポチッと送信するだけだから!

 

救急病院の確認は住み始めた時にする事

「そんな救急病院なんか、まだ大丈夫でしょう?」

 

ってゆー気持ち、わかります。

私もそう思っていました。

 

でもね、急に、急速に、

 

腹痛はひどくなってくることがあります。

私のように、転げ回るくらいの痛みになってから

震える指で検索するとか、やらないように。

 

すぐに連絡出来る救急病院は

 

住み始めた

 

その瞬間に確認しておく事

 

※現在Googleさんの機能は上がっているので

「救急病院」と検索すると、どこにいても

そこから近い救急病院をすぐに出してくれます。

 

でもね、このブログを読んでいる方は

住んでいる場所の救急病院のこと

今一度確認しておきましょう。

 

さとりえからのお願いです🍀

 

体・心、共に我慢しない事

これは難しいのですが(私は)

どこまでが、我慢なのか٩( ᐛ )و

もう、良く分からなくなっているのですが٩( ᐛ )و

 

・・・٩( ᐛ )و

 

 

原因不明の嘔吐なんかした日には

 

なんかオカシイ事が

 

起きてるよ!!٩( ᐛ )و

 

あの時の私へ

我慢しすぎ!!それに気づいて!!

 

という思いを込めて。

 

あなたは

我慢せず、迅速に行動出来ますように。

 

体・心、共に我慢しない事

 

何なんだこのふざけた顔は・・・→٩( ᐛ )و

 

かかりつけ医への連絡を優先して行う事

かかりつけ医がある場合は

そちらへの連絡が先になります。

 

私は、かなり意識もモウロウとした中で

救急病院へ連絡し、そこで

 

「まずは、かかりつけ医に連絡をしてください」

 

と言われ、絶望しました。

 

 

え・・・。

かかりつけ医??

 

勇気を出して、電話したのに??

 

別の場所にかけろと??

 

え?

 

から?

 

本気で??

 

そんな事を言っている場合ではないくらい

腹痛がひどくなっているのに・・・

 

 

いやいや。

 

なので、そうなる前に、動き出す必要があります。

 

 

話の続きで、さらにかかりつけ医へ連絡したところ

かなり長い時間、保留にされ、最終的に

 

「二次救急(その日担当の救急病院)へ行ってください」

 

と言われ、気絶しそうになりました٩( ᐛ )و

 

かかりつけ医の連絡を優先して行う事

とは言っても、夜だし、遠いと迷っちゃいますよね。わかります。

でもね、時間が大事。

 

結局、どのルートが一番早く

救急病院へつながるのか、それが大事です。

 

とにかく、落ち着く事

再度、救急病院へ連絡する時には、

呼吸も浅く、立ち上がることが出来なくなっていました。

 

「のたうち回る」

 

という言葉がありますが、正にそんな状態・・・。

 

いや。のたうち回るだけの、力もなく、

手足や唇が震えてくるのを感じました。

 

もうダメだ。。

 

このままどこか遠くに

 

行ってしまうのではないか。。。

 

本当に、そう思いました。

 

 

大丈夫。人間そう簡単に、遠くへ行くことはできません。

 

とにかく、落ち着く事

 

深呼吸して。落ち着きましょう。

 

早めに決断する事

とんでもない腹痛になっている

こちらの状況は、

全く救急病院の方に見えていないので

 

「何で来られますか?

車ですか?自転車?歩き?タクシー?

時間はどのくらいかかりますか?」

 

と丁寧に聞いて下さいます。

 

 

いや。。。

もう、電話を持ってるだけで精一杯。。。

 

というか、その事を

電話口の先の人に

言葉として伝えられない。。。

 

それくらい呼吸が早くなっていました。

 

 

救急車を呼ぼう。

 

 

そう、決意しました。

 

早めに決断する事

タクシーに乗って行くにしても

何にしても

早めに決断して、行動する事が大事です。

 

いつも飲んでいる薬を忘れず持っていく事

私の場合、毎日必ず飲まなければならない薬があります。

そういった飲み薬がある方

健康のためのサプリメントを飲んでる方

それら

 

全て

 

握りしめて持っていきましょう。

 

その後の治療や投薬時に影響します。

 

 

救急車を呼び、玄関に転がっていく途中

薬の袋に手を入れ、あまり確認しないまま(ちゃんと確認してください)

掴めた薬を持って転がりながら玄関に向かいました。

薬をキャッチ

↑そんな広い家じゃないです。

 

いつも飲んでいる薬を忘れず持っていく事

 

お薬手帳でも良いですが、入院になるかもしれません。

 

生存アピールをする事

救急隊に電話した時には、単語しか言えず

やっと住所を伝えて、来て頂いた時には

四つん這いから動けなくなっていました。

 

_| ̄|○・・・

 

「お腹…痛…無理…病院…行く…救急…もらった…受け入れ…」

 

そんなことはいいので

住所、年齢、現在の詳しい状況を伝えて下さい。

 

玄関近くに、救急隊の足音が聞こえるのに

玄関の鍵に手を伸ばせず、

名前を呼ばれ探されている・・・。

 

先に開けておけば良かったと思いました。

 

救急隊

 

いや、住所を伝えているので大丈夫でしょ。

そう。そのはずなんですが。

 

単語だったし、最後まで言えたか微妙でした。

玄関の扉を叩いて、生存アピールしました。

 

生存アピールは、大事

 

保険証とお金の事

色々書いてきましたが

ぶっちゃけ

 

これさえあれば

 

何とかなる

 

 

と思いますょね。

 

ょね?

 

保険証とお金。

 

 

家族、信頼出来る人がいる事

 

違うんです!!

 

保険証とお金よりも

 

大事なものがあります。

 

保険証とお金を持っていても

 

一人暮らしの人は

緊急連絡先を聞かれます。

 

そこで両親、兄弟、信頼出来る友達、誰でも良いのですが

 

連絡が取れる人がいないと

 

救急車は発車する事が出来ません。

 

また、行ったとしても、病院が

 

受け入れてくれません。

 

 

なので、保険証とお金よりも大切なものは

 

家族、信頼出来る人がいる事

 

以上です。

 

まとめ

「右卵巣頚捻転」

私の場合正しくは

筋腫が右の卵巣近くにあって

その筋腫が捻転していたとの事。

 

ややこしいな。

 

何にせよ、とんでもない痛みでした。

 

 

一人暮らし。

関係ないと思う方も多いかもしれませんが

万が一に備える事は大切です。

 

このブログの

「とんでもない腹痛に襲われた時、気をつけたい10個の事」を教訓に

いざという時に備えて下さい。

 

また、お友達やご家族の方から

助けの連絡が入った時にも

落ち着いて迅速に、アドバイスしてあげてください!

 

 

最後に・・・

17年前

一人暮らしで、救急車を呼べず

亡くなってしまった先輩がいます。

喘息の発作が原因でした。

 

もう、だいぶ前の話ですが

今回、何度も、その先輩の顔が浮かんできました。

 

どこかのタイミングで

何か、誰かに、SOSを出せなかったのか。

もしかしたら、間に合わなかったのか。

思い出すと、残念で仕方ありません。

 

 

先輩のような人が、出ませんように!

と思ったら

今回、危なかったのは私ですね!

気をつけます。

 

 

ということで!

皆さんも

お気をつけ下さい。

 

長くなりました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

さとりえってどんな人?気になる方はこちらからどうぞ!

健康運動指導士/地域で介護予防の活動を広げるさとりえのプロフィール

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2019 All Rights Reserved.