健康運動指導士/フィットネスインストラクター

甲状腺乳頭がん入院時の持ち物、持って行って良かったもの

アバター
WRITER
 
入院時の持物
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

1年前の7月に、甲状腺乳頭がんの告知を受けました。

治療で経験したコトを、ブログに書いています。

 

今回は入院時の持ち物について書くことにします。

 

 

病院からもらったパンフレットに書いてあった持物

 

入院時の持ち物

パジャマなど

Tシャツとスウェットを準備していきました。

好きな服装で、リラックスして過ごしたいと思ったからです。

実際は、前開きのシャツだと良いかと思います。

(私は気にせず、首元が少し大きく開いたTシャツで過ごしました)

パスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル

バスタオル2枚、フェイスタオル3枚、ハンドタオル3枚程度だったと思います。

ハンガーで部屋に干しながら過ごしました。

下着など

入院は約一週間といわれていたので、インナーは念のため一週間分準備しました。

インナーは干せないかなと思い、多めに持って行きました。

ランドリーはありましたが、有料で予約が必要だったので使用しないつもりで準備しました。

(最終的に、有料ランドリー、使うことになりました。それはまた書きます)

羽織るもの

いつも着ているパーカーを持って行きました。前開きで良かったです。

(薄手のカーディガンを着ている人が、圧倒的に多かったです)

コップ

いつも歯を磨くときに使っている、プラスチックのものを持って行きました。

割れない物、軽い物を持って行って良かったです。

薬を飲んだり、食事の時にお茶を入れたり、色々使いました。

歯ブラシ、歯磨き

重要です。

ひげ剃り

男性は必要。

剃るとさっぱりしますし、退院時にも必要かと思います。

くし、ヘアーブラシ

ショートカットだったので

化粧ポーチに入る程度の小さなくしだけ持って行きました。

ティッシュペーパー、ウエットティッシュ

ティッシュ1箱、ウェットティッシュは30枚入りのポケットタイプを持って行きました。

ティッシュは2箱あれば良かったです。

手術後、痰が出るのでたくさん使いました。

室内履きは履き慣れた滑りにくい運動靴、スニーカーなどをご用意下さい

いつも履いているスニーカーを持って行きました。

シャンプー・リンス・石けんなど

香りはリラックス出来るので、好きなものを持って行くと良いと思います。

入れ歯ケース

入れ歯の方は忘れずに持ってきましょう。

イヤホン

私はテレビ、一切見ませんでした。でも、とても、大切な物です。

入院中、音漏れをしている方を見かけましたが、

手術後すぐの人もいる状況で、音漏れがあると、とても迷惑になってしまいます。

気をつけましょう。

外来診察室及び検査室でお渡しした同意書など

忘れずに持って行きましょう。

服用中のお薬

こちらも忘れずに、持って行きましょう。

 

パンフレットに書かれていなかったけど持って行って良かった物

携帯の充電

これは、とてもとても大事でした。

iPod(音楽)

こちらも、大変助けられたツールです。

おかげで、こころ穏やかに、入院生活過ごすことが出来ました。

音楽の力は偉大です。

目を開けると、読むことが出来て、

目を閉じると、読むことを止められるので、好きです。

お絵かき帳・ノート

書くことが好きなので、持って行きました。

単なる落書き帳です笑

トレーニンググッズ

意味不明かと思いますが、運動が大事かと思って持って行きました。

実際に色々と使いました。また書きます。

ミニバック(院内探検用)

入院中、お散歩に行ったり、買い物に行ったりしようと思っていたので持って行きました。

大正解でした。

シャワーに行く時用のバック

小さなコトですが、必要かと思います。

バスタオルや着替えを入れるバックです。

洗濯物を入れるビニール袋、更にシャンプーなどを入れるミニポーチなどを入れると、

余裕があった方が良いかと思います。

洗濯物入れのバック

ランドリーを使わないと決めていましたが、そうすると洗濯物がたまってきます。

大きめの洗濯物入れを持って行きました。

基礎化粧品

最低限のものを持って行きました。

綿棒

お家にあったものをまるごと持って行きました。

傷チェックや、その他、何かと使いました。

マスク

病院内で過ごすときに必要かと思ったので持って行きました。(お散歩や買い物の時)

 

買い足した物

ストロー

手術後は、水がコップから飲めません。

ストローがあると便利です。

デオドラント さらさらシート

リハビリに汗をかいたので、買い足しました。

シャワーは一日一回と決まっていたので、必需品となりました。

(病院によって、シャワーのルールなどは違うと思いますので確認してみて下さい)

 

ナースステーションで借りた物

爪切り

入院が長引いたので、必要になりました。

 

こんな感じです。

参考にして頂けたらと思います。

 

 

まとめ

入院に必要な物は、入院パンフレットに書いてありますが、それ以外にも必要なものが出てきます。

 

落ち着いて、入院生活について考える時間をつくり、

わからないことは病院の入院受付の方に相談してみましょう。

 

少しでも安心した入院生活を送ることが出来ますように。

 

良かったら次の記事も読んでみて下さい。

〉〉〉甲状腺がん 入院費用はどのくらいかかる?心配なお金のこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2018 All Rights Reserved.