健康運動指導士/フィットネスインストラクター

一次救急・二次救急・三次救急の違い 皆さんから頂いたお声

アバター
WRITER
 
一次〜三次救急について
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

今回の、緊急入院について

SNSで公表したところ

たくさんの方からご連絡を頂いております。

 

お見舞いのメッセージや、動画など

本当に、ありがとうございます。

 

とても、とても

励まされています✨✨✨

 

頂いたお声の中には

現在一人暮らしをしている方も多く

「二次救急」について

ご質問を頂きました。

 

実際、私も

腹痛で七転八倒している最中

かかりつけ医の病院から

「二次救急でお願いします」

と言われた時…

一瞬

「え?どこ??

それは???」

思い

 

絶望感を味わいました。

 

という事で

今回は、一次救急、二次救急、三次救急について書いてみようと思います。

 

頂いたお声も一部、掲載させて頂きました。

参考にして頂けたらと思います。

一次〜三次救急について

一次救急(初期救急)

入院の必要がなく、

帰宅可能な軽症患者が対象。

患者は、自分自身、または家族、身近な人に付き添ってもらい、来院します。

 

開業医や休日夜間急患(急病)センター

二次救急

入院や手術を必要

する患者が対象

 

2次は24時間体制で救急患者を受け入れる事が出来る機関。

・手術治療、入院治療が出来る設備が整っている

・救急医療の知識と経験豊かな医師が常に従事している

など、条件を満たしている病院です。

 

地域によって、対応方法が違います。

病院群輪番制とは

二次救急の指定を受けた

複数の病院が当番制で

救急患者の受け入れ・診療を行うという方法のこと。

 

共同利用型病院方式とは

その地域の拠点病院などが

施設の一部を開放し

そこに地域の医師が出向いて

診療を行っています。

地域の医師の協力により

休日や夜間の救急診療が

できるようになっています。

 

三次救急

生命に危険

及ぶような重症・重篤な患者が対象

 

 

救命救急センター

都道府県に1ヵ所

または人口 100万人に1ヵ所設置するよう

各地方自治体で整備が進んでいる。

 

 

皆さまから頂いたお声

・以前同じように腹痛に総合病院に行ったのに、原因がわからなくてそこから更に遠い病院へ救急車で連れて行かれました。痛みが激しく、移動時間が辛くて、本当に泣きました。
・救急車を呼べば大丈夫だと思っていました。家族への連絡がつかないと向かってくれないんですね!?深夜に連絡がつかなかったらどうなるんだろうと怖くなりました。
・先にかかりつけ医の連絡を先にしないと時間をロスする!勉強になりました!
・二次救急ってなんですか?住んでいる場所ごとに違うのでしょうか?
・緊急事態に備えるきっかけをもらいました!
・一人暮らしなので、住んでいる場所の救急病院を確認しました。いつも広報や、自治体のホームページをチェックしていない人にとってはGoogle検索が頼りですね。
・両親とかなり離れた場所で暮らしているので不安になりました。両親に連絡をして、今後何かあった時の緊急対応について決めました。きっかけを頂きありがとうございます。
・同じ家にいても、二階と一階で、緊急事態に気付かない事もあります。異変に気付ける工夫は必要だと改めて思いました。
・高齢で一人暮らしの者です。他人事ではないと思い、連絡させて頂きました。助かって良かったですが、一歩間違えたら大変なことになっていたと思います。元気な時に、わからない事や不安な事は役所に確認しておこうと思いました。

 

などなど。

ご連絡を頂いております。

ありがとうございます。

 

まとめ

自分と同じように

一人暮らしの方や

一人暮らしの家族を持つ方に

緊急事態が起こった時

自分と同じようにキリギリの状態で

苦しい思いをして欲しくないと思い

体験したことの詳細を公表しました。

 

年齢関係なく

一人暮らしの方が増えている時代。

 

横のつながりも大切ですが

いざという時のために

救急病院のかかり方やシステムについて確認し

備えるきっかけになれたら嬉しく思います。

 

一番は、健康に生活し

救急病院にかからないようにする

ということなのですが。

 

私のように、急に来る場合もあります。

 

今一度

ご自分の住む場所の救急病院

大切な人の住む場所の救急病院

 

日本の救急システムについて

確認してみて頂けたらと思います。

 

 

おまけ

緊急事態に備える事はダイジです。

 

しかし、その事ばかり考え

不安を大きくしてしまう事は

心の健康に良くありません。

 

私はどんな時でも

 

し!」

 

と前を向き

 

 

成功のイメージを持って

毎日を生きるようにしています!!

 

めちゃくちゃ失敗も多くて

もはや失敗しかないなとか

何1つ成功してないじゃないかとか

人から色々言われる人生ですが

 

気にしている場合じゃないので

気にしません。

 

 

安全で平和な日本

こんな素敵な国に生まれる事が出来て

とても幸せだと感じています。

 

どんな未来も自分次第。

 

自分を最高に楽しませながら

生きていきましょう。

 

このブログが、少しでもお役に立てたら嬉しく思います。

 

さとりえってどんな人?気になる方はこちらからどうぞ!

健康運動指導士/地域で介護予防の活動を広げるさとりえのプロフィール

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
さとりえ(佐藤梨絵)
健康運動指導士・介護予防運動指導員
地域に介護予防のためのスモールグループを作る
フィットネスインストラクター・パーソナルトレーナー


2017年9月、甲状腺乳頭癌(こうじょうせんにゅうとうがん)のため、手術を受けました。がんの告知から、入院、手術、その後のリハビリや検査について、経験したことを書いています。同じ病気と闘う方の、少しでもお役に立てたらと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さとりえのブログ , 2019 All Rights Reserved.